BIOGRAPHY

吉田 志門 Shimon Yoshida

2016年ライプツィヒ国際バッハコンクール出場者。

日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポーランド語、ヘブライ語、時代区分ではバロックから現役作曲家の曲まで、鋭い言語感覚と幅広い音楽への見識をもって、ドイツでは主にミュンヘンで、日本では主に名古屋で、そのリリックな歌声を聴かせるテノール。


第64 回全日本学生音楽コンクール声楽部門高校の部全国大会入選。第5回IFACジュリアード音楽院オーディションのファイナルジャッジメント出場、日本クラシックコンクール全国大会(声楽・大学男子の部)最高位受賞。2015年第7回Lions Gut Immling国際声楽コンクール(ドイツ)のセミファイナリスト。2016年ライプツィヒ国際バッハコンクール出場者。

2016年からは主にドイツの主要都市(ミュンヘン、マンハイム、ポツダムなど)で宗教曲のソリストとして多くの演奏会に出演している。バイエルン室内交響楽団との共演でハイドン作曲のオペラ 《無人島》の主役ジェルナンド役。その他ソリストとしてベートーヴェン作曲《第九》ドヴォルジャーク 作曲《レクイエム》W.A.モーツァルト作曲《レクイエム》J.S.バッハ作曲《クリスマスオラトリオ》《マタイ受難曲》 など。


名古屋に生まれる。東海高等学校卒業、卒業時に芸術文化功労賞を受賞。

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業を経てミュンヘン音楽大学・大学院独唱科(Konzertgesang)修了。


オペラでは、ラモー作曲《遍歴騎士》全幕マント役、マスカーニ作曲《カヴァッレリア・ルスティカーナ》全幕トゥリッドゥ役、マルティヌー作曲「ニメーグのマリケン」全幕道化師マスカロン役、モーツァルト作曲《コジ・ファン・トゥッテ》フェランド役(ハイライト・抜粋)、ハイドン作曲《無人島》ジェルナンド役、マイアベーア作曲《ユグノー教徒》コセ役などを演じる。


井原義則、佐々木典子、永田峰雄、Silvia Greenbergの各氏に師事。


現在、ミュンヘンの音楽学校にて声楽講師を務めるほか、コンサートやオペラに出演している。

2017年秋より、ベルリン放送合唱団 Rundfunkchor Berlin in Brandenburgの契約団員として度々、ベルリンフィルハーモニーと同じ舞台を踏んでいる。